宅配クリーニングのお役立ち情報がいっぱい!

保管を頼む際の費用

保管を頼む際の費用 宅配クリーニングは、自宅にいながら大切な衣類を洗濯してくれるだけでなく、かさばる衣類をそのままシーズンまで適切な環境で保管しておいてもらえるメリットがあります。このサービスは、自宅の収納を有効活用できることから、日本の狭い住宅事情で非常にヒットしているのが現状です。
費用のシステムは、業者ごとに異なりますが最近では無料で提供しているところもあります。宅配クリーニングのサービス料金に含まれているので、追加で支払う必要がないケースもあります。衣類を保管してもらうことも目的に含まれているのであれば、料金を比較してお店を選ぶのも良いでしょう。
宅配クリーニングを使うことで、自宅にいるだけで集荷がされて終わったら宅配してもらえるので、忙しい人には便利です。狭い収納を効率よく使いたいなら、そのままシーズンまで置いておけて使うときに持ってきてもらうことで快適な暮らしができます。
費用は別料金のお店もありますし、含まれているケースもあります。

宅配クリーニングのオプション加工費用について

宅配クリーニングのオプション加工費用について 宅配クリーニングには、オプションにて洗濯物に汚れや花粉と言った物が再付着しにくくなるよう処理を施している会社があります。これを特殊加工と呼び、クリーニングに付加技能を付けてサービスを提供している宅配クリーニングがあります。
おおよそのオプションによる特殊加工費用は、1000円から3000円当たりが相場で、花粉や汚れと言った物から衣服を守るという処理が多いです。
染み抜きや、ボタン修理などの他毛玉取りと言ったクリーニングにおける洗濯品をコーティングするサービスは無料で行っている宅配クリーニング会社が多いため、特殊加工により汚れを付着させにくくすると言った付加価値を持たせることでクリーニング会社は手間賃として費用を頂いています。
染み抜きやボタン修理が無償である理由については、洗浄に使用する薬剤が進化し衣服を傷めることなく使用することが可能となったため、染み抜き作業が簡素化され無償にて提供している会社が増えています。
逆に、コーティングと言った衣服の表面を覆う加工は、特殊な溶剤や乾燥作業が必要なため手間がかかるということで手間賃として特殊処理代金が発生しているのです。

新着情報

◎2020/11/17

保管を頼む際の費用
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

季節ごとの割引
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「クリーニング 料金」
に関連するツイート
Twitter